ママ友は必要か



ママ友は必要か…
と、聞かれれば、
『必要』
と、私は答えます。

でも、『依存はNG』
だと考えています。

大切にしなければならないのは、核となり基盤である、
『家族』『家庭』

夫や子供との生活が最優先と割り切る気持ちがあれば、
ママ友とも、いい距離感で付き合っていけるのかなと思います。

子供の事で、悩みや不安、トラブルがあった時、
夫が一番の理解者である事が理想ですよね。
夫婦で社会に立ち向かい、
夫婦2人の子供に、
教育や躾、価値観を養わせ、
社会に巣立たせる。
大事な責任ですね。

ママ友は、子供の成長への喜びや悩みの共有や、
学校の行事参加、
日頃のちょっとした事など
話せる、
心強い存在に違いありません。

依存しあえば、踏み込んではいけない領域に入ってしまう事もあります。

私自身も、学生時代の友達のような間柄になったママ友が、
夫婦間のトラブルが起こると
夜中に突然の呼び出しメールを送ってきたり、
独占され、嫉妬され、
他のママ友とも話せない状況にも。
心身に支障をきたし、夫が見かねて、
彼女に
私と距離を置いてほしいとの旨を伝え、
付き合いがなくなりました。

他には、親子共に仲良くしていたママ友の子供と私の子供とのトラブルで、
罵られ、ある事ない事、
他のママたちに触れ回られたりといった事もありました。

そんな事があっても、
私を理解してくれ、
支えてくれたママ友もいます。



色んな経験があって、
自分を見つめ直したり、
色んなものの見方ができるようになったのも確かですが、
トラブルを防げるのなら防いだほうが、
子供のためにもいいですよね。

子供が大きくなって、
小学校、中学校、高校と進んでいくと、
徐々にママ友とも距離ができてきます。
子供が小学生高学年の頃には、
ほとんどのママが仕事を始め、
参観や運動会などの行事で顔を合わせるくらい。
あの幼稚園での、ベッタリな関係は何だったんだろうと思うくらい。

本当に相性が良くて、
趣味嗜好も似てて、
学生時代の友達のような付き合いをされてるママもいますね。
それはまれかなと思います。

うちの子供たちは、サッカーチームに入っていたので、
その繋がりのママ友が、
戦友のようで今も仲良くさせていただいています。

でも、年に一回、ランチに行くかどうか。
それぞれのママ友の長男の近況や、
自分の現状などを報告しあうくらい。

もちろん、そのサッカーチームで
親同士のトラブルもありました。
また、機会があれば綴りたいと思います。

子供の成長を、
大人になるまで、
ずっと一緒に見守り続けるのは夫です。

夫と支え合い、
より良い関係を築いて、
絆を深めていけるのがベストですね。

最後までお読み頂いてありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


子だくさんランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です